ヒアルロン酸ってどんな成分?

コラーゲンドリンクには、コラーゲン以外の成分が含まれていることも多いです。

 

その中でも特に多いのが、ヒアルロン酸です。ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、体内の関節部や関節液、真皮の部分に主に存在している成分です。タンパク質であるコラーゲンとは全く別の成分ですが、真皮など肌に大きな影響があることや、関節のクッションとして必要であることなど、共通点が多い成分でもあります。

 

コラーゲンは主に細胞の間に存在し、細胞同士を支えたり繋げたり分けたりする役割があります。関節の動きを助け、肌のハリや弾力を持たせます。ヒアルロン酸は保水力の高い成分であり、肌の潤いを保つ効果があります。関節のクッションになるため、関節痛なども防げます。

 

コラーゲンもヒアルロン酸も年齢とともに減少していく成分ですので、コラーゲンドリンクなどで補う必要があります。20歳頃にピークを迎え、40歳になるとピーク時の半分になるコラーゲンとヒアルロン酸は、毎日摂取することが大事です。また、両者は一緒に摂取することで、相乗効果が高まるとされています。美容面と健康面の両方に必要な成分ですので、どちらも摂取できるコラーゲンドリンクなどは効率が良いのです。